協同組合 郡山労務経営サービスセンター

お知らせ

助成金案内

2013 年 8 月 22 日 更新

H25年8月現在

助成金名・要件 助成額 申請先
1 中小企業緊急雇用安定助成金
不況など経済的理由により、生産高や売り上げが減少し、休業して従業員に休業手当などを支払ったときなど
  • 全従業員の賃金の平均額×会社で払った賃金に対する休業手当の割合×80~90%を助成
    (上限1人1日7,890円)
公共職業安定所
郡山:
024-942-8609
2 特定求職者雇用開発助成金
60~65歳未満の者や母子家庭の母、障害者などを職安の紹介で雇い入れたとき
  • 半年ごとに45万円を1年間で90万円
     (パートは30万円を1年間で60万円)
  • 障害者(重度以外)は1年間で135万円
  • 重度障害者は2年で240万円
同上
3 高齢者雇用開発特別奨励金
65歳以上の高齢者を職安の紹介で雇い入れたとき
  • 半年ごとに45万円を1年間で90万円
同上
4 試用(トライアル)雇用奨励金
40歳未満の若年者や中高年者、母子家庭の母などを職安の紹介で試用雇用したとき
  • 3ヶ月で12万円
同上
5 地域雇用開発助成金
(地域求職者雇用奨励金)

創業や事業所の整備のため、300万円以上の投資をし3人以上新たに雇入れたとき
  • 整備費用、雇入れ人数に応じて助成
    (例1)300万投資し3人雇用した場合…
     1年ごとに40万円×3回=120万円
    (例2)1,000万投資し5人雇用した場合
     1年ごとに300万円×3回=900万円
同上
6 子育て期短時間勤務支援助成金
H24年7月以降、育児短時間勤務を開始し、6カ月以上利用した従業員が従業員が初めて出た場合
短時間勤務利用者
  • 1人目 40万円
  • 2~5人目 1人あたり15万円
労働局雇用均等室
(024-536-4609)
7 均等待遇・正社員化推進助成金
契約社員やパート労働者を正社員に転換する制度を就業規則に定め、5年以内に正社員に転換させたとき
育児休業取得者

  • 1人目 40万円
  • 2~10人目 1人あたり20万円
    (母子家庭の母等は30万円)
公共職業安定所
郡山:
024-942-8609
8 地域雇用開発助成金
(地域再生中小企業創業助成金)

食品製造業、飲食店、福祉関連などの法人等を開業し、職安の紹介で労働者を雇用したとき
福島県の場合
  • 法人設立から6カ月間に要した費用の3分の1     
    (5人以上雇入れの場合・上限250万円
     5人未満雇入れの場合・上限150万円)
  • 雇入れ1人につき30万円(上限100人)
同上

※助成金により、就業規則の整備や計画書の必要なもの、解雇した者がいないこと、職安の紹介によることなど条件がありますので、必ず事前にご確認下さい。
※助成金の改定が頻繁に行われていますのでご了承下さい。

  1. 協同組合 郡山労務経営サービスセンター
  2. お知らせ

▲ページの先頭へ戻る